筋骨格外傷及び障害 共有する

08/07/2019

筋骨格系は、人体を支え、臓器を保護し、日常生活のあらゆる動作を可能にします。背中と同じように、四肢のすべての関節には絶えず負荷がかかっており、負担がかかり過ぎると痛みとともに障害が生じます。

日常生活の中でさまざまな衝撃にさらされるため、靭帯部の損傷や、骨折などの外傷を受けやすくなります。こうした急性の外傷は適切な治療を施すことですぐに完治しますが、関節の脆弱化を引き起こすことも事実です。

外傷、炎症、老化

外傷の既往歴があったり、スポーツ、レジャー、職場などで小さくても負荷のかかる動作を繰り返し行うことが多いと、腱や靭帯の微小外傷および症が現れやすくなります。そのうえ、これらの外傷に伴って筋骨格系の老化が進み、関節の変性疾患を併発することもあります。変形性関節症はそれ自体が炎症の原因となり得ます。いずれも疼痛を伴うため、普段の生活での動作や活動がどうしても控えめになり、かえって関節拘縮や筋肉の衰えにつながります。ですから、痛みの原因と影響は決して少ないとは言えません!

筋骨格系障害(MSD)には、関節の軟組織(筋肉、腱、靭帯、神経)に起こる疾患が含まれます。通常は職業活動に関連するもので、以下のような部位で発症の可能性があります。

対処法は?

骨格筋系の機械的損傷はいずれも、悪化や併発を防ぐため、放置せず早期に入念に対処することが必要です。効果的なケアで、健康な身体と笑顔、楽しい活動を取り戻しましょう!

こちらもご覧ください

足関節

足関節の損傷(捻挫)はよくある怪我です。フランスでは毎日6000件の症例が報告されています。 この最も一般的な怪我のほかに、骨折や炎症、特にアキレス腱の炎症なども足関節に起こりうる外傷です。まれに、変形性関節症の病巣部になることがあります。
詳細

肩関節

肩関節は、比較的単純で可動性が高く、不安定な関節です。肩の障害は、外傷や摩耗を含め、関節、腱部、または神経に発症し、特に運動選手において多く見られます。
詳細

肘関節

肘関節は、上腕と前腕をつなぎ、屈曲、伸展、回旋などさまざまな腕の動きを可能にする3つの関節からなります。上顆炎は、「テニス肘」とも呼ばれる肘関節の主な疾患です。フランスでは毎年24万件の症例が報告されています。
詳細