バスルームとトイレ

05/07/2019

動作が不自由な人にとって、バスルームは危険な場所です!バスルームでは滑ったり転倒したりといった事故がよく起こり、そうした不安がバスルームを使う楽しみを制限してしまいます。安全が確保できる簡単な改善策があります!トイレもまた、より安全で快適な場所にするために改善することができます。

安心して浴槽への出入り動作が可能

高齢者および/または筋肉の衰弱・硬化を患う人、バランス障害のある人は、浴槽に出入りする際に足を滑らせるかもしれないという不安を抱いています。手すりは、安全なつかまる場所を確保してくれます。浴槽の外で座ってそのまま浴槽内に入る回転式のバスチェアを設置することで、さらに安全性が高まります。バスボードは、浴槽の端と端に渡して吸盤で取り付けることができます。浴槽の出入りを補助する他、バス用品を置く場所としても利用できます。

より安定したシャワー

浴槽と同様、足をすべらせずにシャワーブースに出入りしたり、身体を支えたり動いたりするために、シャワーにも手すりを取り付けることができます。シャワーチェアまたはシャワースツールは、立った状態でのバランス障害や痛みのある方、立っている力のない方にはさらに安全です。

トイレのための解決策

補高弁座を使用すると、立ち上がる動作が楽にできます。トイレの近くに手すりを設置した場合も、立ったリ座ったりの動作が楽になります。

弁座に金属フレームを取り付けた高さ調節型トイレは、弁座部分を高くすることができる他、身体を支えるひじ掛けが両側についています。また、トイレに行くのが困難な方のために作られた椅子型トイレは、取り外し可能な蓋で穴を塞いで椅子として使うことも、蓋を取ってトイレとして使うこともでき、シートの下には取り外し可能な容器が付いています。