肘関節

08/07/2019

肘関節は、上腕と前腕をつなぎ、屈曲、伸展、回旋などさまざまな腕の動きを可能にする3つの関節からなります。上顆炎は、「テニス肘」とも呼ばれる肘関節の主な疾患です。フランスでは毎年24万件の症例が報告されています。

テニス肘が実際にテニスによって生じるのは5~10%のケースのみで、症例の3分の1~3分の2は職業活動や特定の余暇活動(DIY、ガーデニング、パソコンの使用など)に起因すると推定されています。40代~60代の人に発症が多く見られます。

上顆炎、肘関節の隆起部の痛み

上顆炎は、肘関節の上腕骨上顆における前腕伸筋起始部の腱付着部の炎症です。徐々に発症するケースと突然発症するケースがあり、肘の外側に触れたときや前腕を動かしたときに痛みます。


完治までの長いプロセス

治療法としては、安静、鎮痛剤や抗炎症剤の使用、理学療法などがあります。急性期には、リストブレースの着用で痛みを和らげることができます。一般的に、9~24か月ほどで自然に治癒しますが、この期間中は特定の作業や日常的な動きが困難な場合があります。

運動再開期に肘固定サポーターを使用することで、再発予防を助けます。